【公式】新宿西口歯科医院 都庁前駅30秒 新宿三井ビル4F 土日診療

インプラントIMPLANT
インプラントとは   メリットとデメリット   寿命   治療の流れ   起こりうるトラブル   痛みの少ない治療

メリットとデメリット

インプラント治療を受ける前に
インプラントは「第二の永久歯」「第三の歯」と呼ばれることもあるように、ご自分の歯が新しく生まれ変わったような感覚を持つことができる、他の治療法にはない特徴を持った治療法です。このようにメリットの大きい治療法ではありますが、いくつか知っておいていただきたいデメリットもあります。インプラント治療を受ける前に、メリット・デメリットについて知っておきましょう。

インプラントのメリット

1.天然歯のように噛める

1.天然歯のように噛める

インプラントの最大とも言える良い点は、天然の歯に近い噛み心地です。人工の歯根を顎の骨に埋め、両者がしっかりと結合するので、物を噛んでも動いたりすることなく、何でもよく噛むことができます。

しっかり噛むことで得られる効能

  • 食べ物をバランスよく食べることができる
  • 胃腸に負担がかからず、栄養が効率よく吸収される
  • 認知症の予防になる
  • 運動能力・バランス感覚が最大限に発揮される

2.固定式で違和感や痛みがない

インプラントは、顎の骨と結合して一体化します。
そのため、取り外し式である入れ歯のように違和感が強く出たり、外れてしまったり、歯茎との間に物が挟まって痛みが出る事がありません。

3.周囲の歯にダメージを与えない

3.周囲の歯にダメージを与えない

インプラント以外の治療法である入れ歯やブリッジの場合、周囲の歯に少なからずダメージを与えてしまいます。
部分入れ歯の場合、歯がない部分の人工歯を支えるために、周囲の歯に金具をかけて外れないように固定します。その際、金具がかかった歯には、噛むたびに大きな引っ張られるような力がかかってしまい、歯が早期に弱りやすくなります。
ブリッジの場合には、抜けた歯を補うために、両隣の歯を大量に削ってかぶせなければなりません。そのため、健康な歯を多く削るという犠牲が出てしまい、将来的に歯の寿命を縮めてしまいます。
インプラントは、他の歯に助けを求めずに、単独で歯を入れることができるので、周囲の歯にダメージを与えません。

4.見た目が自然

4.見た目が自然

インプラントの歯根部分は歯茎の下に埋まります。表から見える部分は天然歯に似せたセラミックの歯ですので、自然な見た目を再現することができます。

5.お手入れが簡単

5.お手入れが簡単

インプラントは天然歯のように埋まっていますので、歯磨きも基本的には天然歯のように行えば大丈夫です。一方、入れ歯の場合はいちいち取り外して磨く必要がありますし、ブリッジの場合は構造が複雑なため、隅々まで清掃するのにはある程度テクニックを要します。

6.口臭が出にくい

天然歯のように磨けば良いため、磨き残しが出づらく、清潔な状態を保ちやすいので、口臭が起こりにくくなります。
入れ歯の場合はその点食べかすが残りやすく、口臭が出やすい傾向があります。

7.若々しさを保ちやすい

7.若々しさを保ちやすい

歯を失った顎の骨は、刺激を受けないとだんだん痩せていってしまいます。入れ歯やブリッジのような治療法の場合、骨が刺激を受けないのでだんだん痩せていってしまいます。ですが、インプラントを埋めた骨は、噛む刺激を直接受けるため、他の治療法に比べて骨が痩せづらく、顔の張りなども保ちやすい、つまり見た目を若々しく保ちやすいと言えます。

インプラントのデメリット

1.保険がきかないので高額

1.保険がきかないので高額

インプラントが他の治療法と比べて大きく違う点として、保険適用がない、ということが挙げられます。ブリッジや入れ歯には保険の選択肢がありますが、インプラントは自費のみであるため、どうしても治療費が高額になってしまいます。

2.手術が必要

2.手術が必要

インプラントは人工歯根を顎の骨に埋める必要があるため、歯茎を切って骨に穴を開ける手術が必要です。傷口の侵襲の程度は抜歯とほぼ同程度です。

3.治療期間が長い

インプラントは骨とくっつくまでに数ヶ月を要します(3ヶ月〜6ヶ月程度)。また、骨が足りないケースでは骨を作る手術を行うことがあり、その場合にはさらに6ヶ月程度、骨ができるまでに待たなければならないこともあります。

4.年齢や体の状態によっては受けられないこともある

未成年で骨の成長が途中段階の場合、インプラント手術を受けることはできません。妊娠中や授乳中の場合も手術や投薬の影響を受けるといけないので、行いません。
また、骨の状態が極端に悪い場合、全身の健康状態がよくない場合にも行わない方が良い場合があります。持病のある方は問診時にしっかりと病状を確認し、場合によっては主治医に確認を取ることがあります。

5.お手入れが悪いと早期に脱落することがある

5.お手入れが悪いと早期に脱落することがある

インプラント治療が問題なく行われた場合でも、その後の毎日のお手入れが悪いとインプラント周囲が細菌感染を起こし、抜け落ちてしまうことがあります。また、インプラントを行なった後は定期的に歯科医院で状態を観察し、必要に応じて調整やクリーニングを行う必要がありますが、これを怠った場合にもインプラントの状態が悪化してしまうことがあります。
また、タバコを吸う方、特にヘビースモーカーの場合、インプラント周囲に感染を起こしやすくなるため、インプラントが長持ちしにくくなるため、注意が必要です。


インプラントとは   メリットとデメリット   寿命   治療の流れ   起こりうるトラブル   痛みの少ない治療

^


電話をかける

24時間web予約