【公式】新宿西口歯科医院 都庁前駅30秒 新宿三井ビル4F 土日診療

設備紹介EQUIPMENT

実体顕微鏡

実体顕微鏡を使用することで肉眼の2倍から24倍に患部を拡大することができるため、 肉眼では見えない細かな部分まで、より正確でより精密に、そして安全に質の高い治療を行うことができます。 歯科において歯冠形成、歯内療法、口腔外科、口腔内診査等いろいろな分野に応用されています。

実体顕微鏡の特徴

実体顕微鏡

治療がより正確でキレイな仕上がり

肉眼での詰め物、被せ物の治療ではわずかな隙間が残っていることがあり、不適合の部分から歯科疾患が悪化することがあります。 実体顕微鏡を使用することにより詰め物・被せ物の適合のチェックや正確でキレイな仕上げが可能になり、歯科疾患の再発を予防することができます。

削りすぎることがなくなる

実体顕微鏡で虫歯になったところを拡大しながら削ると、虫歯と健康な部分の境目がよく見えるので、歯の健康な部分をより多く残すことができ、 削りすぎることがなくなります。

精密な治療ができる

最新の歯科治療は人間の目の限界を超えた精密さが求められます。 今まで見つかりにくかった歯の神経も実体顕微鏡を使用することで容易に明示することができ、 手指の感覚や器具に頼って進めていた治療も目で確認し、精密な治療ができます。

あらゆる歯科治療に活躍

インプラント
インプラント
審美性が重要な前歯のインプラント治療には特に有効です。
根幹治療
根幹治療
歯の根っこの治療(根管治療)はマイクロスコープの有無で結果に大きく差がでます。
補綴
補綴
歯肉を傷つけない形成、スムーズな形成面、マージンの適合性など補綴処置の向上が期待されます。
虫歯治療
虫歯治療
できるだけ歯を削らない治療を実現。虫歯治療にもマイクロスコープは活躍します。
審美的歯科治療
審美的歯科治療
美しさとともに、精度が重要な審美的な歯科治療にもマイクロスコープは欠かせません。

^


電話をかける

24時間web予約