【公式】新宿西口歯科医院 都庁前駅30秒 新宿三井ビル4F 土日診療

診療案内MEDICAL GUIDE

審美的歯科治療

審美的歯科治療とは
審美的歯科治療は簡単に言えば、「歯や口元の見た目をより美しくする歯科治療」ということです。通常の保険治療でも、虫歯で失われた部分の回復をすることはできます。でも、材料や治療法に制限があり、審美的(見た目)にも限界が出てしまいます。
歯は意外に他人に見られているものです。審美的歯科治療によって口元に自然な美しさを取り戻すことで、自分に自信が持てるようになり、それがひいては生活の質の向上にもつながっていくことでしょう。

歯をより自然で美しく、体にも優しいセラミック

現在の審美的歯科治療で使用される材料では、歯に大変なじみが良く、天然歯の美しさを再現できるセラミックが主流になっています。セラミックには美しいだけでなく、とても数多くのメリットがあります。

セラミックのメリット

セラミックのメリット

1.透明感のある自然な美しさが再現できる
セラミックは天然の歯に近い透明感を再現できます。また、歯の色の細かい調整もできますので、周囲の歯の色に合わせた自然な仕上がりにすることができます。

2.虫歯や歯周病になりにくい
セラミックは保険のプラスチック材料などとは違い、歯垢が付きにくいのも大きな特徴です。歯垢が付きにくいので、虫歯や歯周病にもなりにくく、歯を健康に保ちやすくなります。

3.年数が経っても変色しない
セラミックは非常に傷がつきにくく、またプラスチック材料のように吸水性もないため、年数が経っても変色せず、最初の頃の色合い、美しさを保ち続けることができます。

4.長持ちしやすい
セラミックは保険がきかないため、保険治療の材料よりも高額にはなりますが、材質的に安定しており、歯にも虫歯を作りにくいため、一度治療をすると他の材料より長持ちするのも特徴です。

5.体に優しい
セラミックは材質的に安定しており、変質したり、唾液に成分が溶け出すこともありません。金属の場合、金属イオンが唾液中に溶け出し、血中に入って身体中にアレルギーの皮膚症状を起こすことがありますが、セラミックではそのような心配もありません。

6.歯茎が黒くならない
金属を使用する場合、金属イオンが唾液中に溶け出し、歯茎に黒っぽい着色を起こすことがあります。でも、セラミックではそのようなことは起こりません。

セラミックを使った治療法

セラミックを使った治療法
セラミックを使った治療法

オールセラミック

セラミック治療で現在主流になっているのは、オールセラミック(全てセラミックで行う)治療です。かつては補強のために金属を併用したセラミック治療がもっぱら行われていましたが、現在では品質が改良され、セラミックだけで十分に強度のある治療ができるようになりました。

オールセラミックインレー

虫歯などで歯質が部分的に失われた場合には、オールセラミックインレーで補います。
周囲の歯質の色に合わせてお作りすることができます。

オールセラミッククラウン

全体的にかぶせる場合には、オールセラミッククラウンになります。歯の形や向きを変えたい時、歯並びを整える目的で行われることもあります。天然歯と見間違えるほどの美しさにすることが可能です。

ラミネートベニア

前歯の見た目が気になる場合に、前歯の表面をほんのすこしだけ削り、その部分に歯の形に整えたセラミックの薄いベニア(板)を、まるで付け爪をするように貼り付け、見た目を改善する治療法です。
歯をほとんど削らないため、歯を弱くすることなく、見た目を手軽に美しくすることができるのが大きな魅力です。オールセラミッククラウンと比べて、歯の削る量を大幅に減らすことができます。

●ラミネートベニアはこんな場合によく行われます

  • 歯のすきっ歯が気になる場合
  • ホワイトニングで白くならない重度の着色の場合
  • 歯の形を整えたい場合


^


電話をかける

24時間web予約