【公式】新宿西口歯科医院 都庁前駅30秒 新宿三井ビル4F 土日診療

インプラントIMPLANT
インプラントとは   メリットとデメリット   寿命   治療の流れ   起こりうるトラブル   痛みの少ない治療

痛みの少ないインプラント

治療を快適・安全に行うために、「痛み」を感じさせない工夫をしています
インプラントで一番不安なことのトップに上がるのは、やはり「痛み」です。歯茎を切ったり、顎の骨に穴を開けると聞くと、誰でも怖くなってしまいます。でも、当院ではリラックスしてインプラント治療を受けていただけるよう、痛みを感じさせない工夫を随所で行なっております。

痛みを感じさせない工夫

医院イメージ

歯医者で痛い思いをするのは仕方がないと思っている方もいるかもしれません。でも、歯科治療において、痛みのコントロールをすることは、治療を快適に受けていただくだけでなく、安全に治療を進めていく上でもとても重要です。

当院で行なっている痛みのコントロール

痛みを感じさせない麻酔

痛みを感じさせない麻酔

歯科治療では、術中に痛みを感じさせなくするために、歯茎に注射の麻酔を行うことが多いですが、中には「麻酔」という言葉を聞いただけで怖くなってしまう人もいます。それは注射の麻酔自体も痛みを感じてしまうことが理由ですが、その痛みは針が粘膜に刺さる痛み、そして、麻酔液が体内に入る際にかかる圧力が原因となっています。電動の注射器も「アネジェクト」を導入しており、症例によって使用しております。

静脈内鎮静法

通常の麻酔だけでなく、静脈内鎮静法という麻酔を併用することもあります。静脈内鎮静法は治療への恐怖感を減らすだけでなく、治療行為そのものの記憶もなくなるものです。よく胃の内視鏡検査の時などにも行なうものとして知られているのではないでしょうか。
当院では必要に応じてこの静脈内鎮静法を取り入れて、患者の苦痛の軽減を図っております。

治療中の実体顕微鏡の使用

治療中の実体顕微鏡の使用

注射器による麻酔をし始める時から実体顕微鏡によって8倍以上に拡大された視野下で行うことができます。手術野が拡大されることで、注射針のスムーズな刺入、最小限の切開が可能となります。精密な治療は痛みの軽減に直結するのです。

抜歯即時埋入法

通常は抜歯ののち2ヶ月以上の治癒期間を経てインプラントを開始します。しかし抜歯とインプラント手術の2回の外科手術を経なくても、抜歯と同時にインプラント手術を行うこともできます。症例によってはリスクが高い場合もあるので、全ての患者さんに行なっている訳ではありませんが、外科処置が1回で済むメリットは精神的な負担の軽減になると思っております。ぜひ一度ご相談ください。


インプラントとは   メリットとデメリット   寿命   治療の流れ   起こりうるトラブル   痛みの少ない治療

^


電話をかける

24時間web予約