【公式】新宿西口歯科医院 都庁前駅30秒 新宿三井ビル4F 土日診療

診療案内MEDICAL GUIDE

むし歯・歯周病治療

虫歯を防ぐには、日々の正しいブラッシング、デンタルフロスの使用と定期検診が有効です。
まだ、来院されていない方は虫歯のサインを見逃さないようにしましょう。

虫歯治療

虫歯は「痛い」というイメージがあるかもしれません。
ですが、虫歯というのはある程度進行しないと痛みを出してこないものです。痛くなってから虫歯を治療すると、治療がつらくなるだけでなく、歯が長もちしにくくなります。そのため、虫歯は「痛み」だけを基準にせず、「痛み以外の症状」にも注意をはらい、早めに気づくことが大切です。

虫歯の進行度と症状

虫歯は次の順番で進行していきます。虫歯のサインを見つけたら早めに受診しましょう。

CO

CO(要観察歯:虫歯のグレーゾーン)
症状:
歯の表面がまだらに白くなったり、黄色や褐色の着色がある。痛みはない。

C1

C1(エナメル質の虫歯)
症状:
着色部分が白、薄茶色、黒などに変色してくる。症状はない。

C2

C2(象牙質の虫歯)
症状:
虫歯がさらに深部に進み、変色の範囲が大きくなってくる。穴が見えてくることも多い。稀に甘いもの、冷たいものでキーンとしみる。

C3

C3(神経に達する虫歯)
症状:
温かいもの、冷たいものがしみることがある。さらに進行すると刺激をしなくてもズキズキ痛みが出てくる。過去に神経を抜いた歯でも感染することで、膿んでくる場合もあり、これもC3に含まれる。

C4

C4(歯根のみ残っている状態)
症状:
歯の大部分が崩壊し、神経が死んで痛みはなくなるが、多くの場合細菌が繁殖し、膿んで、強く痛み出す。


なるべく削らない・痛みを感じさせない治療

診療風景

虫歯の治療は、詰め物やかぶせ物の種類によっては、削る量が増え、健康な部分が犠牲になってしまいます。当院では、大事な歯を保存するためには健康な部分をなるべく残すことが大事だと考え、なるべく削らない、最小限に削る治療を心がけています。
また、虫歯治療時の痛みに関しても、痛みの少ない麻酔器を使うなど、麻酔の時点から痛みを感じにくい工夫をしており、治療時の痛みのストレスをなるべくかけないようにしています。

歯周病治療

歯周病治療・予防が全身疾患予防にも
歯周病は歯を失う原因の第一位です。しかし、歯周病は歯を失うだけでなく、体の色々な病気を引き起こし、健康まで損ねることがわかってきています。歯周病は初期症状に乏しいので、「自分は大丈夫」と思っている人が多いですが、成人の8割がかかっている、もしくはその予備軍であると言われているため、油断はできません。
歯を失わないために、そして健康な体のために、歯周病のサインを知って歯周病を早期治療、そして予防していきましょう。

歯周病のサイン、当てはまる場合には早めの受診を

  • 歯磨きの時に出血する
  • 歯茎が赤く腫れぼったい
  • 歯茎がむずがゆい感じがする
  • 歯が冷たいものなどにしみる
  • 歯が長くなった気がする
  • ものが挟まりやすくなった
  • 歯石がついている

以上のサインをいち早く見つけ、早めに治療を受けることで、悪化を防ぎ、歯を長もちさせることが可能になります。

歯周病治療に効果的なレーザー治療も行っています

当院では、歯周病治療に特に効果の高いエルビウムヤグレーザーを取り入れています。
レーザーには、高い歯周病菌の殺菌効果、そして治療後の痛みを抑えたり、治りを早くしてくれる効果があります。

^


電話をかける

24時間web予約