医院案内

歯科用CTスキャン

当院では最新の歯科用CTスキャン装置を導入しています。 従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像が得られるので、より多くの情報が得られます。 3次元の高画質画像を用いることで、従来のX線写真では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ち、より早く治療を終了することができるのです。

歯科用CTスキャン

歯科用CTスキャンの特徴

見えなかったものが見える

一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造なども、リアルに見えます。

わからなかったことがわかる

顎や歯だけでなく、上顎洞(上あごの骨の内部)の形態や粘膜の状態、病巣など神経血管の位置を立体画像で確認できます。

治療の安全性が広がる

インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を 高めます。 例として、一般のレントゲン上で歯の長さを測っても、その距離は正確ではありません。レントゲンフィルムに投影された歯は拡大されて写っているからです。 一方で歯科用CTスキャンは顎の情報を立体的に座標としてコンピュータに記録します。 歯の長さを座標間の距離で測るので絶対値を求める事ができます。 骨を扱う手術において、正確な骨の長さが分からなければ安全な手術は行えないという考えから、 当院ではインプラント治療の患者様全員に無料でCTスキャン検査を行っております。

歯科用CTスキャンのメリット

1.撮影から診断までその場で即日で行える(その他の多くの施設では最低1週間かかります)

2.被曝線量が医科用の1/8(歯科用パノラマ4枚分)と低水準

3.当院ではCT撮影に関して、料金は無料で行っております。
 ※当院で撮影したCT画像を他院へ持ち出す場合には26,250円(税込)がかかります。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP