診療案内

インプラントとは

インプラントってなに?

インプラントとは

インプラントとは失った歯にチタン製のネジのようなものを歯ぐきに埋め込み、今までの天然歯と同じように機能回復する治療です。

今までのブリッジや入れ歯であれば咬む能力が落ちたり、装着時の違和感があったのですが、インプラントは骨にしっかり結合するので欠損補綴の治療としてはとても有効な治療とされています。

インプラントの構造

インプラントの構造

白い被せる歯(上部構造補綴物)
実際に見える部分です。白いセラミックの被せ物で、天然の歯と同じような光沢感があります。この部分だけをはずして掃除をしたり、交換したり出来るような仕組みにも出来ます。

接続部分(アバットメント)
フィクスチャーの上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製のものもあります。

インプラント体(フィクスチャー)
直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。
チタンは、非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心してインプラント治療が受けられます。

インプラント治療と他の治療との比較

(1)単独歯欠損をしている場合

インプラント治療と他の治療との比較

歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことが出来るので、他の歯を削る必要はありません。

(2)複数の歯が欠損をしている場合

複数の歯が欠損をしている場合

奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外さないですむ歯が入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

歯を失ってお悩みの方へ

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。そのため、今までは『入れ歯(義歯)』などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしか、その部分を補う事はできませんでした。しかし、『入れ歯(義歯)』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタいってきたりする場合があります。
このように、歯を失ってお悩みの方に、最適な治療方法が『インプラント治療(人工歯根)』です。永久歯が欠損してしまった場合の代わりになるものが入れ歯です。

今までは取り外しが可能な入れ歯や隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に使われていました。しかし、今では人工歯根を植えることにより、もとの自分の歯と同じように噛むことができるようになりました。これがインプラント治療法です。噛むことの喜びと、おいしく食事できる喜びを再び手に入れることのできる治療法です。

こんな方におすすめ!
1.取り外しの入れ歯が嫌いな人や、その仕事その他の事情で不都合な人。
2. 歯が抜けた所を治療するために残っている歯を削られたくない人。
3.入れ歯で、発音や発声に不便を感じている人。
4.総入れ歯が合わず、生活にも支障をきたし、不快感を抱いている人。
5.歯周疾患などでたくさんの歯がなくなり、入れ歯を装着すると残っている歯に悪影響を及ぼすと考えられる人。

インプラントとは

メリットとデメリット

痛くないインプラント治療

インプラント治療の流れ

失敗しないための医院選び

術後の注意点

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP