コロナウィルス対策について
コラムCOLUMN

知っておきたい!インプラントの寿命を延ばすケア方法

インプラントは、決して安い治療ではありませんので、一度入れたからにはなるべく長持ちしてもらいたいものです。インプラントは年々、技術の進歩や品質向上に伴い、昔に比べて寿命も延びてきていますが、どのくらい寿命を延ばせられるかは、ケアの仕方によっても大きく変わってきます。今回は、インプラントを入れている方、もしくはこれからインプラント治療をお考えの方のために、インプラントの寿命を延ばすケア方法についてご紹介していきます。

インプラントの寿命ってどのくらい?

「インプラントの寿命」とは、インプラントが抜け落ちるまで、もしくはトラブルが起こって撤去されるまでの年数のことを指します。

インプラントの寿命に関しては、厚生労働省の調査によると、10〜15年後のインプラントの生存率が上顎で約90%程度、下顎で94%程度という結果となっています。上と下で違いがあるのは骨の質や密度の違いが関係しています。

インプラントは次々と良いものが開発されています。それに伴いインプラントの成功率はどんどん上がっており、近年のインプラントに関しては、上顎で93%、下顎で95%くらいのインプラントが20年以上持たせられるだろうと予測されています。

ちなみに、世界で初めてインプラントを入れた患者さんは、お亡くなりになるまで40年以上、インプラントを良い状態で使い続けられました。現在ではその当時よりもインプラントの品質が良くなっていますので、お手入れ次第ではそれ以上インプラントを長持ちさせることも可能だと言えるでしょう。

インプラントの寿命をできるだけ延ばすためのケア方法

ほとんどのインプラントが長持ちするので、あまりケアをしなくてもそこそこ長持ちして安泰だろう、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、注意したいのは、インプラントの寿命というのは、あくまでも「お口の中に入っている期間」のことです。例えお口の中に入っていてもトラブルだらけだったらもちろんあまり良いとは言えません。
そこで、インプラントの寿命を単に延ばすだけでなく、インプラントを長く良い状態で使うためのケア方法についてご紹介しましょう。

◆インプラントを長く良い状態で使うためのケア方法

1.天然歯の時よりも清潔に保ちましょう
インプラントは人工物なので悪くならない、と思われていることがありますが、それは間違いです。確かに虫歯にはなりませんが、インプラントと骨との間に汚れがたまると細菌感染を起こして歯周病と同様の症状を起こすことがあります。インプラントと骨との結合は、天然歯と骨の結合よりも弱いため、天然歯の時よりも念入りなお手入れが必要です。

2.歯科で定期的なメンテナンスを受けましょう
歯磨きをしていても、どうしても完璧というのは難しいため、定期的なプロのクリーニングが必要です。また、毎日噛んでいるうちに噛み合わせも徐々に変わってきますので、定期的な噛み合わせチェックと調整が必要です。それゆえ、少なくとも3ヶ月に1度は検診を兼ねたクリーニングを受けましょう。

3.タバコは控えましょう
タバコを吸う人は、インプラント周囲に感染を起こしやすくなります。そのため、インプラントをずっと良い状態で使いたければ、タバコを控える、できれば禁煙することをおすすめします。

4.歯ぎしりのコントロールをしましょう
歯ぎしりをしていると、インプラントに過剰な負荷がかかってインプラントの寿命を縮めてしまいます。歯ぎしりの癖がある人は、マウスピースをつけるなどして過剰な噛み合わせの力がかからないようにしましょう。

^


電話をかける

24時間web予約