歯科コラム

原因は何?歯周病を暴れさせる悪い生活習慣とは?

歯周病は歯の健康に対して大敵です。口臭、歯のぐらつきから始まり、末期になると虫歯でなくとも歯が抜けてしまうということもあります。今回は、この恐ろしい歯周病を暴れさせる悪い生活習慣をご紹介していきましょう。以下のことを回避するだけで、歯周病の発生と進行を抑えることができます。

喫煙

喫煙
代表的なものが喫煙です。実は、歯周病は歯茎に残ったプラークの影響で炎症を起こし、出血という状態で危機を伝えようとします。しかし、喫煙すると歯茎の中にある毛細血管を収縮させてしまうため、歯茎に栄養がいきわたらず、抵抗力が低下して、気付いた時には歯周病が進行している、ということになってしまうのです。また、当然ながら歯茎の中にある毛細血管の中の血流が悪くなるということは、歯茎へ栄養がいきわたらなくなるということでもあります。口の中の健康を全体的に悪くしてしまう喫煙はできるだけ避けるようにしましょう。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしりや食いしばりには、思っている以上の圧力がかかっているものです。あまりにも強いと歯がひび割れを起してしまうこともあるほど。これを放置しておくと、虫歯になったり歯周病を進行させる原因になったりしてしまいます。ですが、眠っている時に起こる歯ぎしりは生活習慣であり、なかなか治すことができないものです。歯ぎしり用のマウスピースをつけるなどして回避することも重要ですし、ストレスが起因の歯ぎしりであれば、日々の中でストレスを回避する手段を考えることも重要でしょう。

口呼吸

口呼吸
口呼吸も、口の中を乾燥させ唾液の量を少なくさせてしまいます。特に就寝時は、それだけで唾液の分泌量が少なくなりますが、加えて口呼吸をしていると、口内の乾燥が加わり、歯周病を進行させてしまう恐れがあります。生活習慣なので治すのが難しいかもしれませんが、できるだけ意識して鼻呼吸を行うようにしましょう。

歯医者さんに行かない

根本的な問題ですが、これは非常に重要です。歯医者さんに定期的に行くことによって、自分の歯周病の進行状況を把握することもできますし、磨き残された歯垢(プラーク)が歯石となってしまった後の除去も定期的に行うことができますので、歯医者さんに行かないという生活習慣を持っている人は、意識して時間を作るようにしましょう。

自分にも当てはまる、と感じた方も多いかもしれません。できるだけ早い段階で歯科医師と相談し、でき得る対策を取って歯周病の発病・進行を抑えるようにしましょう。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP