歯科コラム

虫歯治療は保険でOK!でも詰め物・かぶせ物は自費診療という選択

虫歯治療は、健康保険などの公的医療保険を使うことができます。患者さんが負担する治療費は3割以下で済みます。
しかし、あえて医療保険を使わずに、自費診療で虫歯を治すこともできます。治療費は高くなってしまうのですが、より質が高い詰め物・かぶせ物を入れることができます。

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違い
医療保険を使う保険診療は、行える治療が決まっています。厚生労働省が、病気を治す効果がある治療を認定するのです。そのため、例えば歯を白くするホワイトニングは歯医者が施術しても、病気の歯を治すわけではないので保険診療の対象外になっています。そこでホワイトニングは、治療費の全額を患者さんが負担する自費診療で行われているのです。

ある治療が保険診療に認定されるには、あと2つルールがあります。それは「必要最小限であること」と「できるだけ費用が安いこと」です。
簡単かつ安価な治療法で十分歯の病気が治る場合、その後、より質が高い新しい治療法が開発されても、その新治療法が高額な場合、保険診療に認定されないことがあります。もちろん、従来の治療法をはるかに上回る治療成績を残せる場合は別です。

自費診療による虫歯の治療について

虫歯の治療はほぼ確立しています。虫歯に侵食された歯の一部を削って、そこに金属製の詰め物やかぶせ物を装着します。いわゆる「銀歯」です。銀歯はまさに「簡単かつ安価な方法でしっかり歯の病気を治す」治療法です。それでこの治療法は保険診療になっています。

しかし歯科医療の開発は日進月歩で、よりよい材質やよりよい技術が次々登場しています。例えば、セラミックやジルコニアといった材質を使った詰め物・かぶせ物もそのひとつです。
セラミックもジルコニアも質的にも見た目的にも銀歯を上回っていますが、医療保険制度では「必要最小限を上回る過剰な質」と考えられ、保険診療の対象外となっているのです。
よってセラミックやジルコニアの詰め物・かぶせ物は自費診療で入れることになります。

ゴールド(金歯)について

ゴールド(金歯)について
金を含む合金でつくる詰め物・かぶせ物(いわゆる「金歯」)は、古くからありますが、自費診療でしか入れることができません。
金はしなやかなので歯に密着し、細菌の侵入を防ぎます。また金合金の硬さは天然の歯に近いため、反対側の天然の歯を傷つけないメリットもあります。
しかしこれも「過剰」とみなされているのです。

まとめ~虫歯治療も進化しています

「最新の歯の治療」というとインプラントやオールオン4などが話題になりますが、実は詰め物・かぶせ物も着実に進化しているのです。
歯科クリニックには最新情報が集まっていますので、虫歯治療を始める前にぜひ一度、新宿西口歯科に相談してみることをおすすめします。

→虫歯・歯周病・詰め物・かぶせ物(一般歯科)についてもっと詳しく見る

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP