歯科コラム

子供の矯正歯科通い、いつから始めたら良い?

お子様の歯並びが気になっている場合、早く矯正してあげるべきか、ある程度成長してからの方がいいのか悩んでしまうものでしょう。矯正するならお子様の負担をなるべく軽くしてあげたいと思うのが親心ですね。では、いつから矯正治療を始めるのがベストなのでしょうか?今回は、子供が矯正歯科に通い始める時期について新宿西口歯科がお話しいたします。

どのタイミングがいいの?

どのタイミングがいいの?
子供の矯正治療は大きく分けると、顎の骨のバランスを整える1期治療と歯並びを整える2期治療があります。

■1期治療(骨格矯正)

目安としては、3~12歳前後のお子様が対象になります。出っ歯や受け口など骨格のずれが原因となっている場合は、骨が固まる前の低年齢のうちに治療を行うと効果があります。顎が小さい場合は、取り外しのできる顎を広げる装置を使うことで永久歯が生えてくるためのスペースを確保することが出来ます。
この頃のお子様は、乳歯のみの時期、乳歯と永久歯が混合している時期、永久歯が生え揃った時期にわかれますが、それぞれ対応できる矯正方法が異なりますので、成長の様子を見ながら歯医者さんと相談して進めると良いでしょう。

■2期治療(歯列矯正)

10~12歳を過ぎた頃には、永久歯が生えそろってくるお子様もでてきます。永久歯は乳歯よりもしっかり根づくため、歯を移動させることが容易にできなくなります。そのため、噛み合わせのバランスを整えるのには永久歯が生えそろう直前が最も適しているでしょう。
また、一期治療から続けているとこの頃には効果が現れて、顎の骨が整っている場合もあります。大人の歯が生えてくる土台がきちんとできていれば、2期治療の必要がなかったり、部分的な歯列矯正のみで済むこともあります。

お子様の成長にあわせて

お子様の成長にあわせて
矯正治療が終了しても、保定装置をつけて状態を安定させる必要があります。保定装置をつける期間は、個人差がありますが1年~数年かかることもあります。この期間を守らないと、元に戻ってしまうこともあるので注意しましょう。
子供の歯の状態は人それぞれで、成長にも大きな違いがあります。そのため、矯正を始めるタイミングも変わってきますが、乳歯が大体抜けた8~12歳前後を目安にすると良いでしょう。この頃になると、矯正の必要性を自分で理解できるようにもなりますし、まだ痛みも強く出ないで矯正することが出来るでしょう。一般的な条件として、乳歯が抜けた頃がよいですが自己判断でその頃まで放置して置くことはおすすめできません。状態によってはもっと早く対処する方がよい場合もあります。まずは、歯医者さんに相談してお子様の成長とともに長期的な計画を立ててみるとよいでしょう。

→矯正歯科・マウスピース矯正についてもっと詳しく見る

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP