歯科コラム

口内炎を治すならこれ!生活改善と治療法

口内炎に悩まされている人は多いです。口内炎ができにくい身体にするには生活習慣の改善が大切です。中には市販薬で口内炎を対処しているという患者さんもいるでしょうが、歯科医院へ行き、治療してもらった方がいい場合もあります。口内炎ができにくい身体にするために生活改善と口内炎の治療法を新宿西口歯科が紹介します。

生活習慣の改善

生活習慣の改善
口内炎を治す第一歩として生活習慣の改善をしましょう。毎日不規則な食生活や乱れてしまっている生活リズムでは口内炎を治したくても治ってくれません。
また生活習慣が整っている人に比べても口内炎ができるリスクが大幅に上がってしまうのです。
生活習慣の中でも以下のことを注意するようにしましょう。

■体力回復

口内炎ができているときは身体が弱っているサインかもしれません。寝不足が続いていたり、仕事が忙しかったりと自分でも何か感じるところがありませんか?
口内炎を早く治すためにも体力回復に努めましょう。具体的には睡眠時間を十分に確保する、飲酒を数日控える、お風呂にゆっくり入る、落ち着く音楽を聴くなどです。
睡眠時間を確保するのはただ長い時間眠れば良いわけではないです。
質の良い睡眠をしなければ効果がありません。質の良い睡眠をするにはアルコールを摂取しない方が良いと言われています。
数日間は休肝日の意味も込め禁酒してじっくりと眠るようにしましょう。
精神的に身体が疲れていても口内炎ができやすいです。リラックスさせるためにもクラシックなど落ち着く音楽を聴いたり、お風呂でゆっくりしたりと
自分のリラックス出来る空間作りもしましょう。

■歯磨き・うがい

口内炎は口の粘膜にできた傷口に細菌が侵入すると悪化します。細菌はどうしても口の中にいますができるだけ数を少なくし口内炎を悪化させないように努力しましょう。
そのためには歯磨きとうがいを徹底的に行うのが効果的です。
中でもうがいは細菌を繁殖させにくくできます。外出時から帰ってきたときだけでなく日頃から意識してうがいをすると細菌数を少なく維持できます。
歯磨きは寝る前だけでなく起床時も行うようにしてください。就寝時には唾液量が少なくなるので起床時の口腔内には多くの細菌がいます。
また、歯磨きをする際にも少し注意点があります。それは口内炎をできるだけ刺激しないようにすることです。口内炎は触れるだけでも痛く意図的に刺激する人はいませんが、歯磨きの途中で誤ってぶつけてしまうことがあるのです。
口内炎が痛くて仕方がないと歯磨きもおろそかになってしまいます。しかし、そういうときだからこそ歯磨きをしっかり行い口の中を清潔に保つようにしましょう。
マウスウォッシュは市販のものを使用してもいいですがアルコール成分が含まれていると刺激してしまうのでそのときの症状と相談しながら使用しましょう。

■食生活の見直し

食べ物から摂取できる栄養素には口内炎の治癒を早める効果のある栄養素があります。それがビタミンB類とCです。
ビタミンBの中でもB1、B2、 B6は特に口内炎に効果的です。
ビタミンB1は豚肉・ハム・海苔などに多く含まれています。疲労やストレスを改善させる効果があり自律神経の乱れや体力回復に期待できます。
ビタミンB2は皮膚の修復に関係するビタミンで口内炎を修復する効果が期待できます。うなぎ・レバー・アーモンド・納豆に多く含まれています。
ビタミンB6は免疫力を上げるだけでなくたんぱく質代謝を促進させるので細胞修復にも効果が期待できます。マグロ・カツオ・バナナ・ニンニクに多く含まれています。
さらにビタミンCは免疫力アップに効果が期待でき、柑橘系果物やレモンなどに多く含まれています。
これらの栄養素をバランス良く摂取するためにも食生活に気をつけるようにしましょう。

市販薬やサプリメントをうまく使う

口内炎に効果のある市販薬はドラッグストアで多く販売されています。これらの多くは塗り薬の軟膏薬かパッチ薬と呼ばれる張り薬です。
軟膏薬には匂いが苦手な人でも使えるよう甘い香りをつけているものもあります。軟膏薬は唾液で薄まって流れてしまう可能性もあり不快感を感じる患者さんもいます。
そういう患者さんは軟膏薬ではなくパッチ薬を使うようにしましょう。張り薬なので口内炎に直接作用してくれます。
食生活の改善をしようにも一人暮らしや仕事の関係で外食が多い人はサプリメントで栄養素を補充するようにしましょう。
ビタミン剤やサプリメントは食事のときに一緒に摂取すると効果を高められます。

病院での治療が必要なことも

病院での治療が必要なことも
口内炎は食べ物や飲み物がしみると食事が楽しくなくなります。あまりに痛みが酷い場合や市販薬でも効果が見られない場合は歯科医院を受診するようにしましょう。
歯科医院を受診する一つの目安としては以下のことが挙げられます。
●複数個の口内炎
●すぐに痛みを抑えたい
●ここ最近で何度も再発している
●いつもの口内炎とは違い血が出ている
歯科医院では飲み薬や塗り薬・パッチ薬の投薬はもちろんですが、歯科用レーザーを用いた治療も行います。これはレーザーで口内炎の粘膜を焼くことで治癒を促進させるものです。
何度も再発している口内炎は全身疾患との関係性もあるので歯科医院で診断してもらうようにしましょう。

まとめ

口内炎は生活改善を行うとできにくい体質に変化できます。治療には市販薬やサプリメントを使用しても良いですが症状が重い場合は歯医者へ通うようにしましょう。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP