歯科コラム

歯周病予防に効果的な歯のクリーニング!どれぐらいの頻度で行くべき?

歯周病は最終的に歯が抜けてしまう病気です。
できることなら予防に徹して一生自分の歯で生活したいですよね。
そんな歯周病予防をしたい患者さんへ歯科医院で行うクリーニングの種類やどのくらいの頻度で通えば良いのかを新宿西口歯科が紹介していきます。

歯周病予防にクリーニングは有効

歯周病予防にクリーニングは有効
歯周病は主に歯医者でのクリーニングと患者さんの毎日行う歯磨きで予防していきます。
進行してしまった歯周病治療の中には外科処置を行い歯茎移植や顎の骨を増やす処置を行う必要もありますが、基本的にはクリーニングをしに歯医者へ通ってもらいます。
実際に歯医者で行うクリーニングは歯周病予防に効果があるのでしょうか。
結果から言うと予防効果はあります。
歯周病は歯と歯茎の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝の中に歯周病の原因細菌が増えると進行していきます。
歯茎の溝の中までは自宅で歯磨きをしても綺麗にできません。
この掃除を歯医者で行うと歯周病原因細菌の数を少なくでき歯周病を予防できるのです。
また歯周病の発症には歯石やプラークも関わってきます。
これらは細菌の塊なので歯に付着したままだと悪影響です。
3ヶ月に1回程度の定期的な歯石除去をするのも歯周病にならないためには大切です。

歯医者でのクリーニングの種類

歯医者ではクリーニングと一言で言っても様々な目的のクリーニング方法があります。またクリーニングの種類によって歯周病にどれだけ近づいているのかもわかります。
クリーニングの種類と目的を紹介していきます。

■歯石除去

歯についている歯石を除去します。歯石は口臭の原因になるだけでなく歯周病原因細菌を活発にする働きもあるので早期に除去するようにしましょう。歯石は磨き残しで歯に残っているプラークが石のように硬くなった状態のものです。
歯石まで硬くなると歯ブラシだけでは除去できなくなり歯周病のリスクも一気に上がってしまいます。
歯医者では歯石除去を行う際に、超音波を使って除去します。
超音波が発生する際の熱が歯に伝わると痛みを感じてしまうので水を出しながら歯石を除去しています。
心臓ペースメーカーを装着している患者さんや歯の根っこにある歯石除去は超音波を使わず手用の器具で除去します。

■PMTC

歯石除去とセットで行います。歯石の付着していた部位はザラザラしています。ザラザラしたままで放置するとプラークがつきやすく、磨き残しも残りやすくなるのです。
それを改善するため歯の表面をツルツルにする処置がPMTCです。
ゴム製のチップに研磨剤をつけ歯の表面を磨きます。歯科医院で歯磨きをしてもらうと歯がツルツルしたように感じるのはPMTCのおかげです。
ここまで紹介してきた2つの方法は歯周病予防の基本的なクリーニング方法です。また、歯周病初期症状の患者さんにも同じようなクリーニングを行います。

次に紹介するのは歯周病が進行してしまった、または歯周病になり掛けている患者さんへのクリーニング方法です。

■手用スケーリング

主要スケーリングとは超音波ではなく手用器具で歯石を取る方法です。心臓ペースメーカーを装着している患者さんだけではなく歯の根っこに歯石がついている患者さんによく使用します。
どうしても歯茎を傷つけてしまうので痛みが出ないよう歯茎に麻酔を刺して行います。そして歯周ポケット内へ手用器具を挿入し歯の根っこについている歯石を除去するのです。
歯茎より上についている歯石と違って根っこについている歯石は硬く、黒色をしています。
歯石除去が歯周病予防に一番大切なのでこのクリーニングも必要不可欠です。

クリーニングに通う頻度は?

クリーニングに通う頻度は?
歯周病予防では定期検診を受けることが大切です。
また、それに合わせて定期的に歯をクリーニングするのも大切になります。
クリーニングをすれば歯周病原因細菌の数は少なくなりますが1か月?2か月するとどうしても数が戻ってくるのです。それなので歯周病予防を考えると原則1か月から3か月に1回は歯医者へ通うようにしましょう。
ただ、歯周病予防が目的で通っている患者さんでも定期検診の間隔や回数が異なることがあります。その時期は以下の基準で判断していることが多いです。

■喫煙の有無

タバコを吸っている方と、吸っていない方では吸っていない方が歯周病のリスクが低いです。歯周病リスクが高い患者さんは短期間で定期検診に通ってもらうようにしているところが多いです。

■歯磨きチェックの結果

患者さん自身で歯磨きがしっかりできているかは重要です。歯科医院で歯磨き方法を指導しそれが確実に行えているかで定期検診の期間が決定します。

■歯茎の状態

歯周病になりかけている患者さんはそうでない患者さんに比べて短期間で様子を見るようにします。歯磨きの仕方が間違っていれば早めに改善してもらいます。

■歯並び

歯並びが悪い人は磨き残しが多くなりがちです。
磨き残しの歯垢が歯石に変わる前にクリーニングをして歯周病予防を行います。

まとめ

歯周病予防には患者さん自身の歯磨きと歯科医院でのクリーニングが大切です。患者さんの口の状態次第で定期検診に通ってもらう期間が変わってきます。
歯周病予防を確実にするためにも歯科医院へ定期的に通うことを怠らないでください。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP