歯科コラム

トラブル予防に!インプラント前にしておきたい検査の内容は?

インプラントの治療は歯茎を切って顎の骨にインプラントを埋め込むため、外科手術が必要な治療方法です。外科手術を行うためには、歯医者さんは患者さんのお口の中の状態はもちろんのこと、全身状態も把握しなくてはなりません。また患者さん自身も自分の健康状態を知ることでどのようなことに気をつける必要があるかを確認することが出来ます。今回はインプラントの治療前に行う検査の内容について新宿西口歯科が紹介します。

問診

問診
問診はこれから行う治療を決定するのに際して重要な役割を果たすものです。自身の今までに罹ったことのある病気や服用薬、アレルギーの有無など様々な情報を伝えます。インプラントの手術を行うにあたりトラブルを未然に防ぐためにも自身の情報は事細かく伝えましょう。問診の際にはかかりつけ医からもらった診断書やお薬手帳など情報が書かれたものを持っていくと良いでしょう。

口腔内検査

口腔内検査ではお口の中の状態、噛み合わせや顎の状態を確認します。これらの状態があまりにも悪いと、インプラントの治療前に治さないとインプラントの治療に影響を与えてしまいます。口腔内検査の中には「唾液検査」がありますが、唾液の成分より虫歯や歯周病の細菌について知ることが出来るより効果的な検査と言えるでしょう。

パノラマ・デンタル撮影、CT撮影

パノラマ・デンタル撮影、CT撮影
パノラマ・デンタル撮影とは、歯医者さんでよく見かける歯と骨の状態を確認する撮影法です。パノラマ・デンタル撮影により、歯や周囲の骨の状態から虫歯や歯周病の状態を平面像で把握することが出来ます。CT撮影とは骨の厚みや周囲の血管や神経の状態、歯の生えている方向を立体像であらゆる角度から把握することが出来ます。これらの情報より、インプラントのネジを埋める位置や方向をシミュレーションします。

内科・アレルギー検査

健康診断を受ける時と同様の検査項目で、血液検査や尿検査、血圧値など内科の検査を行います。内科の検査によってインプラントの治療の可否やインプラントの術中・術後の偶発症や合併症へのリスク、対応を知ることが出来ます。インプラントで使用されるチタンは一般的にアレルギー反応を起こしにくいとされていますが、中にはアレルギーの方もいらっしゃるため、アレルギー検査も必要です。

不安な時は歯医者さんに相談

いかがでしょうか?上記に示したように、インプラントの治療を受ける場合は様々な検査を受けなくてはなりません。インプラントの治療に伴うトラブルを避け、長持ちさせるためにはどの検査も必要不可欠となってきます。治療を行うにあたり検査に不安や疑問があるようでしたら歯医者さんへきちんと相談しましょう。

→当院のインプラント治療・メリットとデメリット・治療の流れなどについてもっと詳しく見る

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP