歯科コラム

どこで選ぶ?差し歯とインプラントの違いやそれぞれのメリット

見た目の第一印象として白い歯であると、やはりキレイに見えて憧れてしまいますよね。ただ、あまりにも白すぎる歯はちょっと違う印象を受けます。汚れがたまってくると黄色くなったりしますが、歯医者さんを受診して歯のお掃除を受けることでキレイになることがほとんどと言えます。
しかし、虫歯になってしまうと一部分の歯が変色してしまったり、抜歯が必要になると歯がなくなり、見た目の印象がとても悪くなってしまいますよね。そこで行われる治療に差し歯とインプラントがあります。
差し歯とインプラントってどう違うの?といった具体的な治療内容については、あまり知られていないかもしれません。そこで今回は、差し歯とインプラント治療の違いについて,
新宿西口歯科が紹介したいと思います。

差し歯

差し歯
差し歯が治療として行える状態は、歯の根が残っていることが条件になります。歯の上の部分が虫歯や損傷によって失われた場合、歯の根に金属を被せて差し込む治療を差し歯と言います。
差し歯は保険診療対象であり、治療費用の負担が少なく歯を治すことができます。最大のメリットとして、自分の歯を残せることがあげられます。しかし、いわゆる「銀歯」と呼ばれる治療であるため目立ってしまったり、長く使っていると外れたり、金属により歯が割れてしまったり、長い期間がたつと中の歯が虫歯になってしまう可能性があるというデメリットがあります。
前歯と犬歯のみ白く見せるために硬質レジンというプラスチックとセラミックの混合物を被せる金属に張り付ける治療が保険対象となっていますが、奥歯は保険診療対象外の自由診療となるため費用が全負担となります。

インプラント

差し歯は歯の根が残っている場合に行うことができる治療であるため、歯がないと被せて差し込むことができません。それに対し、インプラント治療は歯が抜けた歯茎だけのところにチタンでできた人工歯根を骨まで埋め込む治療となります。構造としてはチタン製の人工歯根、土台となるアバットメント、被せ物の冠になるセラミックの3つからできています。インプラント治療は、自由診療となるため治療費が高額になってしまいます。
インプラントのメリットとして、これまでのブリッジ治療と異なり噛む力が強い、見た目が他の歯と同じに見える、食感を感じることができる点があげられます。デメリットとしては、費用が高額であること、定期的な歯科医によるメンテナンスを行わないとインプラント周囲炎のリスクがあがるということがあげられます。

差し歯とインプラントを選ぶなら

差し歯とインプラントを選ぶなら
差し歯とインプラントのそれぞれの特徴について紹介してきました。どちらを選択するかとなると、歯根があるかないかで変わってくると言えます。どちらにもメリットとデメリットがありますので、歯医者さんに相談の上治療を選択する必要があると言えます。歯をキレイに見せるための自由診療による治療法は、様々増えてきています。自分に合った歯を選択することがよいと言えますね。

→当院のインプラント治療・メリットとデメリット・治療の流れなどについてもっと詳しく見る

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP