診療案内

メリットとデメリット

インプラント治療のメリット

1. 周囲の健康な歯を削る必要がありません。
2. 欠損部の咬合圧をインプラントが支えることによって他の歯を守ります。
3. 取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。
4. 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されるので、通常の入れ歯のような
  ズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
5. インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
6. 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
7. 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
  楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。
8. ブリッジや入れ歯のように、抜けた歯の隣の歯を削ったり、隣の歯に負担をかけたりせずに、
  歯を入れられます。それによって、周りの歯を長くもたせる事ができるようになります。
  隣の歯を削ると、数年後にその歯はダメになる事も多いのです。入れ歯やブリッジにする事により、
  どんどん健康な歯が少なくなってしまいます。インプラントは噛み合わせが良く安定しているので、
  ご自分の歯に近い感じで噛める様になります。

インプラント治療のデメリット

1. 自費診療のため健康保険の適用を受ける事ができません。
2. 歯茎に埋める外科的処置(歯茎に埋める処置)が必要です。
3. 人工の歯が歯茎の骨に付いて、噛む力が与えられるまでに約2~6ヶ月くらいの治療期間が必要です。
  (治療期間は患者様の骨などの状態によります。)
4 .どの治療においても定期的な検診は必要ですが、インプラントの場合、「異物」を埋め込むわけ
  ですから、感染予防のためのプラークコントロールは非常に重要です。インプラントを長く持たせる
  ためにも定期検診を受けていただきます。
5. インプラントは、近年最も発達した歯科治療のひとつです。 歯を失った顎(あご)の中に、
  通常の歯根(歯の根)とは違うチタン製の根を植え込むことで、入れ歯や、両側の歯を削って
  かぶせるブリッジを入れずに噛める歯列をつくります。

インプラントQ&A

患者さまからよくあるご質問をまとめてみました。

歯が何本抜けていても治療ができますか?
歯が何本抜けていてもインプラント治療は可能です。極端な話、歯が全くなくても骨量さえあれば、治療を受けることができます。
事故などで歯をなくした場合もインプラントで治せますか?
治療可能です。症状により処置方法が多少異なりますが、交通事故やスポーツでの事故により歯を無くされていても、 歯を支えている歯槽骨(顎の骨)のダメージが少なければ処置が可能です。
外観からインプラントしていることがわかりますか?
患者さんご本人ですら分からないほど、自然の歯と見分けがつかなくなります。
取り付ける人工歯の型取りは精密に行われ、色や大きさも個人の希望に合わせることができます。
何歳くらいまで治療可能ですか?
基本的に、まだ骨が成長過程にある18歳未満の患者さんには、インプラントは適さないといわれています。 しかし、上限に関しては、特に制限はありません。70歳以上の方にも積極的にインプラント手術をしております。
どのくらいの期間が必要ですか。また、通院回数は?
当院ではCT等を用いて詳しい検査を行い、術式を厳選します。
そのため治療期間、治療回数を短くし患者さんへの侵襲を少なくすることが可能です。
インプラント手術に入院は必要ですか?
入院の必要は、ほとんどありません。ごく稀なケースとして入院が必要になった場合でも、当院の提携医院(東京医科歯科大学)を通じて、完全にサポートします。
インプラント治療費に保険はききますか?
インプラントは、健康保険の対象外ですが、医療費控除の対象になっています。申告を行なうことで、支払い済みの税金の一部が還付されてきます。
治療をするとき痛くないですか?
手術は、しっかりと局部麻酔を効かせて治療していきますので、痛みを感じることはほとんどありません。 麻酔が切れてからも傷口の痛みが全くないわけではありません。 手術後1~2日後は、多少の痛みや腫れが出る場合もありますが、通常はお薬で抑えることができ、すぐに痛みも治まります。
金属アレルギーでもインプラント治療は受けられますか?
金属アレルギーの方でも全ての金属でアレルギー反応が起きるわけではありません。 インプラント治療にはチタンという非常に安定した金属を使用します。そのためアレルギー反応は起きにくく安心して治療を受けていただくことができます。
妊娠中にインプラント治療の手術はできますか?
妊娠中に歯科治療を行う場合、胎児への影響を考慮して妊娠前期・中期・後期のうち一番安定している妊娠中期に行う方が良いとされています。 また妊娠中期であっても麻酔、レントゲン撮影、抗生剤・鎮痛剤の内服といった処置が必要な治療においては多少のリスクを伴います。 インプラント治療は、抜歯などと同様外科処置になりますので、急ぐ必要がなければ、体調の管理等を考慮して出産後じっくり治療を受けられることをお勧めします。 また治療を希望される方においては、産科、小児科の主治医と相談し治療計画を立てることが必要です。
放射線治療をしました(もしくは治療中)、インプラント治療は可能ですか?
放射線治療をした部位・線量・方法・治療後の経過年数など総合的に判断する必要があります。まずはかかりつけ医からの資料をお持ちください。
歯周病でもインプラント治療はできますか?
インプラント治療は、歯を失った部位に人工歯根を埋入する治療です。 それによって天然歯と同じように根を持つ構造となり、周りの歯に負担をかけることなく、自分の歯と変わらず噛めるようになります。 そのため人工歯根を支えている周りの顎の骨は丈夫で健康である必要があります。歯周病は顎の骨に影響を及ぼす病気です。 インプラントを長く使っていただくためには歯周病を治療し、術後もコントロールを続けることが重要です。 歯周病のかたでもブラッシング指導を受け、歯石を取って歯周病治療を積極的に行うことで、治療が可能になります。
他の歯科医院で治療したインプラントのメンテナンス・手入れはやってもらえますか?
引越しや通っていた歯医者が閉院してしまった等の理由でインプラントのメインテナンスができなくなりお困りの方は当院にご相談ください。 前医でのインプラントに関しては保証等の責任は負いかねますが、メインテナンスに関しては十分サポートすることが可能です。 インプラントにも様々な種類があります。国内で信頼性のあるインプラントにおいては当院においては、 インプラントメーカーと連携をとり確実性のあるメインテナンスを行っていきます。
他の歯科医院で治療したインプラントがとれたのですが、診察してもらえますか?
診察いたします。
いくつかの検査により現在の状態を審査し、今後の治療計画を立ててゆきましょう。

インプラントとは

メリットとデメリット

痛くないインプラント治療

インプラント治療の流れ

失敗しないための医院選び

術後の注意点

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP