歯科コラム

インプラントを長持ちさせるには自己管理と定期検診が必要です

事故や歯周病など、さまざまな理由で歯を失った方でも、まるで自分の天然歯のような自然で強度のある歯並びが再び手に入るインプラント。インプラントは、一度手術をして装着すれば、半永久的に使用できますが、長持ちさせるには日ごろの手入れが必要です。今回は、インプラントを長持ちさせるための注意点を見ていきましょう。

年1~2回は歯医者さんで定期検診を

年1~2回は歯医者さんで定期検診を
歯医者さんによるインプラントの定期検診は、一般的に年1~2回必要だと言われますが、患者さんの歯の状態によっては、1~2カ月おきに必要となることもあります。定期検診では、レントゲン撮影をしてインプラントを支える骨やあごの状態をチェックするほか、かみ合わせのチェック、歯茎・歯・口の中の粘膜など口の中全体のチェックなどをします。
インプラントや周囲の歯に食べかすや歯垢、歯石がたまっている場合はクリーニングして除去します。また、磨き残しが多い場合は歯科医や歯科衛生士によるブラッシング指導を行います。歯の疾患は全身に影響するので、食生活などの見直し指導をすることもあります。

インプラントの長持ちには日ごろのケアが大切

インプラントを挿入している患者さんがきちんとメンテナンスを行わないと、歯茎が腫れたり、最悪の場合はインプラントが抜け落ちたりといったインプラント周囲炎を引き起こすことがあります。長持ちさせるためには、年1~2回の定期検診のほか、日ごろの自己管理も大切です。
インプラント周囲炎の予防には、日ごろからの丁寧なブラッシングが大切です。ただ、インプラントを挿入したことで歯並びが変わり、これまでのブラッシングとは注意点などが変わることがあります。歯医者さんで指導を受けた通りに磨くようにしましょう。
また、インプラント周囲炎を予防するには、お口のネバネバ「プラーク」を発生させないことが大切です。プラークは食事の頻度が多いと発生しやすくなるので、飲食は時間を決めて規則正しくとるようにします。

インプラントしたら禁煙しよう

インプラントしたら禁煙しよう
インプラント装着後にもっとも気をつけたいのは「たばこ」です。喫煙は、インプラント周囲炎や歯周病を引き起こす要因のひとつだとわかっています。インプラント治療を受けたら、たばこはやめて禁煙しましょう。禁煙が難しい場合は、歯科医院で相談したり、禁煙外来を受診したりするのもおすすめです。

自己管理と定期検診の双方で、美しい歯並びをキープ

せっかく高額な費用をかけてインプラントを装着するのですから、できるだけ長持ちさせたいものです。自己管理と定期検診の双方で、美しい歯並びをキープしましょう。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP