歯科コラム

変色してしまった歯茎・・・ホワイトニングで改善できる?

歯茎の黒ずみが気になる方や歯茎の変色が目立ってきた方、歯茎のホワイトニング治療をご存知でしょうか?実はホワイトニング治療は、歯の表面だけではなく、歯肉にも行うことが出来るのです。今回は最近注目されてきた歯茎のホワイトニングにいついて新宿西口歯科が紹介します。

歯茎が黒ずんでしまう原因とは?

歯茎が黒ずんでしまう原因とは?
歯茎が黒ずんでしまう原因は大きく分けて3つあります。それぞれ歯茎のホワイトニング方法が異なります。

1.メラニン色素の沈着

歯茎にメラニン色素が沈着するのは喫煙、口呼吸による乾燥、歯ブラシで傷つきダメージを受けたことなどが原因です。
治療法:薬剤塗布、レーザー照射

2.クラウン(被せ物)の材料

被せ物に使用されている材料が金属の場合、金属の成分が歯茎に浸透することが原因で歯茎の変色が起こります。
治療法:レーザー照射、クラウン除去

3.歯周病

歯周病の原因菌によって歯茎の炎症が起こると歯茎の変色の原因になります。
治療法:レーザー照射、歯石除去

歯茎を薬剤でピンク色にする

歯茎にピーリング効果のある薬剤を塗り、歯茎の黒ずみを落とす方法です。薬剤を塗布した直後は、歯茎が白く変色し膜をはります。膜は1週間程度でかさぶたのようにポロポロ剥がれ落ちて、ピンク色の歯茎が表面に現れてきます。1度でもかなりの効果がありますが、歯茎の黒ずみが強い場合は数回行うケースもあります。

レーザー照射、歯石除去

レーザー照射、歯石除去
歯茎にレーザーを当てて、歯茎の黒ずみを落とす方法です。レーザー照射を行うと薬剤を使用した場合と同様の経過をたどります。レーザー照射では薬剤を使用しないため薬剤の成分にアレルギーを持つ方でも治療を行うことができます。また、レーザーには歯石を落とす効果もありますから、歯周病を患っている方は歯周病の治療と併用するとより効果的です。

クラウン除去

歯茎の黒ずみの原因となっている金属を除去するために、被せ物を新たに制作する方法です。新たな被せ物に使用される材料は、非金属やセラミックなどといった歯茎が変色しない素材のものです。金属の成分が歯茎にあまりにも浸透して、被せ物を変えても歯茎の色がピンク色にならない場合は、歯茎を切り落とす治療も併用して行うことがあります。

それぞれの原因に合う治療を!

歯茎が黒ずむ原因は様々で、それぞれに合った治療法があります。歯茎のホワイトニングの効果は個人差がありますが、平均2~3年持続します。歯茎のホワイトニング治療を行うことで歯茎を美しいピンク色へと変化させ、顔の印象も若々しく変化させることができますから一度試してみてはいかがでしょうか?

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP