歯科コラム

インプラント手術「1回法」と「2回法」の違いは?

失った歯を補う方法の一つに「インプラント治療」が挙げられます。顎骨に土台を埋め込んで人工歯を固定するという方法は、天然歯に近い使用感でメリットが多いですが、手術を必要とするというデメリットがあります。そのインプラントの手術なのですが、大きく分けると「1回法」と「2回法」という方法に分けられます。そこで、インプラント手術の1回法と2回法の違いについて新宿西口歯科が解説します。

インプラントとは?

インプラントとは?
まず、インプラントの基本について解説します。人工歯で補う方法には「入れ歯」や「ブリッジ」という方法があります。特に数本の歯を補う場合には部分入れ歯やブリッジが用いられることも多いのですが、これらは「外部に取り付ける」という部分においてやはり天然歯とは異なる使用感となってしまいます。
一方でインプラントの場合、チタン製のパーツを歯を支える部分となる骨に埋め込んで、それを別のパーツを使って人工歯を固定するという方法をとります。これにより、天然歯と同じように固定ができるため、食事や会話の際に違和感が生じにくくなっています。
デメリットとしては「手術が必要」という点で、歯茎を切開したり骨をドリルで削ると言った手術を必要とします。顎骨の状態が重要になる治療でもあるので、骨を移植するなどの手術を必要とするケースもあります。
一般的に1本の歯を1本のインプラントで補いますが、総入れ歯のように全ての歯を補う場合は「オールオン4」という方法で少ない本数のインプラントでこれを支えることができます。特に、総入れ歯に対して不満を感じている人にお勧めの方法です。

インプラント手術の「1回法」と「2回法」の流れ

「1回法」と「2回法」についてですが、この回数は「手術の回数」を意味します。つまり1回法は1回の手術で完了し、2回法は2回の手術を必要とするということになります。「じゃあ1回法の方が断然いいじゃん!」と思われるかもしれませんが、手術回数が少ないことは良いことばかりではありません。まずは、それぞれの手術の流れについて解説します。
まずは1回法の流れです。1回法では、まず歯肉を顎骨からはがします。次に、露出した顎骨にドリルで穴を開けます。顎骨に開けた穴にインプラント(人工歯と接続する「アバットメント」が一体化した「ワンピースタイプ」と呼ばれるもの)を埋め込みます。インプラントが骨に固定されたら、人工歯を取り付けます。
次に2回法の流れについて解説します。顎骨にドリルで穴を開けるまでは基本的に同じですが、埋め込むのは単体のインプラントだけです。この状態で切開した歯肉をもとに戻して縫合し、インプラントが顎骨に固定されるまで時間を置きます。数ヶ月後、インプラントが固定されていることを確認してから再び歯肉を切開し、埋め込んだインプラントの先端を露出させます。そこにアバットメントを取り付け、切開した歯肉が回復するのを待ってから人工歯を取り付けます。

1回法と2回法の特徴

1回法と2回法の特徴
1回法と2回法の特徴、その最大の違いはやはり「手術回数の違い」です。2回法の場合は歯肉を2回切開する必要があります。そのため患者さんへの負担が大きく、手術に必要な合計時間も長くなります。手術を受けることに抵抗を感じる人は多く、やはり手術回数や必要時間の少ない1回法に魅力を感じる人が多いです。
しかし、1回法はメリットばかりではありません。まず「適用できないケースが有る」ということです。1回法は、顎骨の量が充分でないと適用できないのです。そのため、検査で顎骨の状態が良くないと判断されると、患者さんが1回法での治療を希望しても2回法でないと治療できないと判断されてしまいます。
また、「感染リスクが高い」ということもいえます。基本的に1回法も2回法も感染リスクは同じだとされていますが、問題なのは「骨造成」を行う場合です。インプラント治療において骨造成を必要とする場合、1回法のほうが感染リスクが高くなってしまうのです。
他にも「インプラントに負担がかかる可能性がある」ということです。1回法の場合、アバットメントを取り付けた状態で顎骨に埋め込みます。チタン製のインプラントは骨との親和性が高く、骨が再生するに連れて固定されるのですが、それを経る前の段階からアバットメントが歯肉の外に露出した状態となります。これにより、骨に固定されるまでの間に日々の生活や食事によってアバットメントに力が加わり、骨との固定に差し支える可能性があるのです。
このように、2回法において軽減されているデメリットが、1回法では高いリスクとなってのしかかってしまいます。手術の回数が少ないというメリットは確かに大きなものですが、さまざまなリスクを受け入れる必要があるという点は決して無視できるものではありません。そもそも1回法を利用できるかどうかもわかりませんので、まずは新宿西口歯科で相談してみてください。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP