歯科コラム

こんなはずじゃやなかった!インプラント後の口臭が気になる!

インプラントは歯がない部分を補うための処置です。インプラントをすれば長い期間、持って歯医者に行かなくても良いと思っていませんか?それはしっかりとしたケアをした場合です。
インプラントをしたのにもかかわらず口臭がするようになるとインプラントに危険が迫っている証拠です。早急に新宿西口歯科にご相談ください。

インプラント周囲炎の怖さ

インプラント周囲炎の怖さ
インプラントは歯ではないので虫歯にはなりません。しかし、インプラントと骨の隙間は生体である骨や粘膜が介在しています。そこに細菌が侵入し増殖するとインプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」という症状が出てきます。

インプラント周囲炎とはインプラントを取り囲むように骨が溶け始めて最終的にせっかく結合したボルトと骨を抜かなければいけなくなるのです。

そのインプラント周囲炎を発症している過程で口臭が発生することが多くあります。口臭は歯周病でも発言しているのでメカニズムとしては同じです。

では、インプラント周囲炎にならないために・そして検査方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

予防するには

インプラント周囲炎を予防するのに一番効果的なのは歯磨きをすることです。インプラント手術をした患者さんは当たりまえのように歯磨きをしてくださいと言われているはずです。しかし、どうしても磨き残しは出てきてしまいます。

特にインプラントの付け根の部分は粘膜や被せ物が混在しているので磨き残しができやすいです。そんな時は通常の歯ブラシだけでなく、ワンタフトブラシと呼ばれる特殊な形状の歯ブラシを使用しましょう。

ワンタフトブラシは毛先が一つにまとまっている歯ブラシのことで、細かなスペースを磨くのに適しています。

歯ブラシとワンタフトブラシを併用すると効果的なプラークコントロールができます。

最後は歯医者に診てもらう

最後は歯医者に診てもらう
自分でどんなに気をつけて歯を磨いても最後は歯医者にチェックしてもらう必要があります。歯医者の多くがインプラントの後には定期的に通ってもらいメンテナンスをするようにと指導しています。メンテナンスに通わなくなる患者さんはインプラント周囲炎の発症が高い傾向もあるのでメンテナンスにはしっかりと通うようにしましょう。

メンテナンスでは主にインプラントの緩みがないか、レントゲン撮影を行ってボルトと骨の結合は良好かを検査します。ここで異常が見つかった場合でも早期はっけん・早期治療をすればインプラント周囲炎の発症は防ぐことが可能です。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP