歯科コラム

【歯周病に負けない!】免疫力を上げるためにできること

歯周病の発生は、磨き残しだけではなく、細菌が大きく関係しています。歯周病は細菌によって病状が進行していくので「細菌感染症」と言い換えることができます。細菌感染は免疫力によって予後や状況が変わってきます。歯周病を悪化させないためにも免疫力を上げて、健康に過ごしましょう!

免疫力が下がる原因

免疫力が下がる原因
免疫力が下がる理由は以下のことが挙げられます。
●疲労・ストレス
●食生活の乱れ
●不規則な生活
●睡眠不足
●運動不足
●全身的疾患や加齢
免疫力が下がるというのは、身体の免疫システムが崩れている状態ですので、細菌の活動が活発化します。細菌の活動が活発化すると歯周病が進行してしまいます。

免疫力を上げるためには…

■疲労・ストレスに対して
疲れがたまるとストレスも一緒に溜まってきます。ストレスの発散方法は人それぞれなので一概に言えませんが、過度にストレスが溜まらないように定期的にストレスを発散するようにしましょう。

■食生活の乱れに対して
免疫力を上げるにはバランスのよい食事をする必要があります。また身体を温める根菜類を食べるのもよいでしょう。基礎体温があがると免疫力が5倍~6倍になると言われています。

■不規則な生活に対して
夜勤のある仕事の人は日勤のみの人に比べると体調不良になる割合が多いです。やはり人間は昼間に起きていて夜には寝るという体内時計が設定されています。できるだけ規則正しい生活をするようにしましょう。

■睡眠不足に対して
1日6時間程度の睡眠時間を確保するようにしましょう。寝不足は自律神経のバランスを乱れ、免疫力の低下を招きます。リビングやこたつなどで寝るのではなく、布団やベッドなどで寝るように心がけましょう。

■運動不足に対して
定期的な運動は身体をリフレッシュさせるという意味でとても意義があります。ストレスをためないという意味でも定期的に運動をするようにしましょう。

歯科における他の細菌感染症は?

歯科における他の細菌感染症は?
歯科の疾患の中で免疫低下との関係が一番強いのは歯周病です。歯周病以外の細菌感染症には、虫歯があります。虫歯も免疫力が低下すると痛みが起きることがあります。初期段階では自覚症状が無い場合も多いので進行してしまう前に歯医者の検診を受けることをおすすめします。

歯周病予防ならこれを食べよう

歯周病予防効果がある食べ物は、以下の栄養素がふくまれている食べ物です。

■ビタミンC
ビタミンCは血管を強くする効果があります。歯周病で血管が傷んでいるときはビタミンCを摂取するようにしましょう。

■ビタミンK
ビタミンKは出血を抑える効果が期待できます。実際にビタミンKは止血剤として医療の現場でも活用されています。
気になる方は新宿西口歯科にご相談ください。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP