歯科コラム

酸蝕歯ってなに?見逃してはいけない“初期症状”

酸蝕歯(さんしょくし)って聞いたことあるでしょうか?なんだか漢字の見た目からして怖い歯の病気のようです。齲歯(うし)は虫歯のことですが、酸触歯とはどう違うのでしょうか?実は怖い酸触歯について新宿西口歯科と一緒にみてきましょう。

虫歯より怖い?酸触歯

虫歯より怖い?酸触歯
歯のトラブルと言えば、なんといっても虫歯です。次に歯周病が挙げられるでしょう。お口のトラブルというと「痛い」「むずがゆい」「臭いが気になる」といったものですよね。歯磨きを頑張っていれば、このような症状とは無縁。だから大丈夫!と思っているアナタ。実は第3のお口のトラブルとして「酸触歯」というのが最近話題になっているのです。

酸触歯とは、酸性の飲食物を口に入れることで歯が溶けてしまうというもの。歯のエナメル質は硬いので、食べ物をかむことができるのですが、酸に弱いという特徴があります。炭酸飲料やワイン、かんきつ類、ドレッシング、酢飯など、酸性の食べ物が口に入ると歯の表面のエナメル質が柔らかくなります。通常、唾液が酸を洗い流して中和してくれますが、だらだらと飲食を長時間続けたり、繰り返し酸性の強いものを食べていたりすると、酸が歯に触れている時間が長くなり、唾液の中和作用では追い付かずに歯のエナメル質が溶け始めます。

これがさらに進むと、エナメル質の下にある象牙質がむき出しになります。象牙質はもろく、神経もあるので歯が沁みるような不快感や痛みを伴うことがあります。これが酸触歯です。酸触歯は通常口の中の広い部分で起こるため、歯医者さんによっては局所的におきる虫歯よりも深刻だと話します。

酸触歯の初期症状

「私もひょっとした酸触歯?」と思ったら、歯のチェックをしてみましょう。上の前歯を鏡で見て、歯の先端が透けたように見えたら酸触歯の疑いがあります。2014年に行われた調査では、健康な歯だと思っていた人の4人に1人が酸触歯だったそうで、自覚症状なく進行していくのが怖いところです。

歯が透けたように見える以外の初期症状としては3つが挙げられます。
●熱いものや冷たいものが沁みる軽度の知覚過敏
●歯の表面にツヤがなく丸みを持っているように見える
●歯が黄ばんで見える

これらの症状が進行し、中期以降になると
●歯の黄ばみが強くなる
●歯の先端が透けたように見える
●知覚過敏が強くなる
●歯の表面に小さい凹みができる
●昔詰めた歯の詰め物が取れる
といった深刻な症状が出てくるといわれています。

酸触歯の予防

酸触歯の予防
天然の歯で生活していると、ほぼすべての人が酸触歯のリスクがあるそうです。厄介なのは酸触歯になったら自然に元に戻ることはないということです。そんな怖い酸触歯を予防する方法を学んでおきましょう。

■硬い歯ブラシで磨かない
特に酸性の強いものを食べたり飲んだりした後に硬い歯ブラシで磨いてしまうと、軟らかくなったエナメル質へのダメージが大きくなります。かつては食後すぐに歯磨きをしようと言われていましたが、最近になって食後直後の歯磨きは歯に負担をかけることが分かりました。そのため、食後は30分以上置いてから歯磨きをすることを心掛けたほうがよいでしょう。
また、硬い歯ブラシはエナメル質を傷つけてしまうリスクがあります。柔らか目のブラシの物を選び、優しくマッサージするようにブラッシングしましょう。最近ではエナメル質の再石灰化を助けるような歯磨き剤もありますので、上手に利用してみてくださいね。

■酸性のものを口の中に長時間留めない
ちびちび飲んだり、だらだらと長時間飲食すると、それだけダメージが大きくなります。スポーツ系の部活に参加して、30分おきくらいにスポーツ飲料を飲み続けて酸触歯になったケースもあります。酸性の飲み物は素早く飲み込み、口の中に留めないようにしましょう。もしくは、ストローを使って歯に触れにくくなるように飲むのも効果的です。

■エナメル質を強化してくれる製品を利用する
フッ素やリカルデントなどを含む製品は、歯の再石灰化を促進すると言われています。このような歯に良いとされる成分が入ったガムを噛むことで唾液の分泌を促し、口の中の酸を洗い流すとともに歯の再石灰化ができます。また、歯磨きの仕上げに使うジェルやペースト、洗口液なども同様の効果があるものが多いので、歯科医師などに相談してみてください。

酸触歯かも?と思ったら新宿西口歯科へ

酸触歯は自然に治ることはありませんので、気になったら新宿西口歯科に診てもらいましょう。酸触歯を放置してしまうと、歯の中にある神経が損傷したり、かみ合わせに問題が出てきてしまう場合があります。酸触歯と診断されたら、歯科的な治療が必要になります。

酸触歯は広い部分に起きることが多いので、マウスピースにお薬を入れて撞着する3DS治療というのがあります。このお薬は歯の表面を再石灰化させるものなので、エナメル質を強化することができます。酸触歯の初期には、このような歯質を強化する薬剤を塗って、症状を軽減させます。

さらに、症状が進行して穴が開いていたり、隙間ができているような場合には、虫歯治療と同様に詰め物やかぶせ物で処置します。ここでダメージが大きい場合には抜歯することもあります。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP