歯科コラム

歯がむずむず痒い…もしかしてストレスが原因かも

歯が痒くなる、または歯茎が痒くて気になって仕方がないという経験はありますか?「痒み」は、どこであれ、一度気になり始めるとどうにも我慢するので大変ですよね。今回は、歯や歯茎の「痒み」の原因と、対処法について新宿西口歯科が紹介していきます。

痒みの原因は?

痒みの原因は?
歯や歯茎が痒くなる原因は様々です。
歯周病で痒みが出ることもあります。歯周病は歯肉炎が重症化したもので、歯肉炎の代表症状はブラッシング時の出血です。ブラッシングをした時に出血があると歯肉炎を発症していることを疑えます。歯肉炎が進行していくと顎の骨を溶かしていきます。顎の骨が溶け始めると歯肉炎から歯周病へ移行したと考えられます。
歯と歯茎の間にある歯周ポケットに歯周病原因細菌が入り増殖することで症状は重篤化していきます。そこへプラークや歯石が付着していくと症状はどんどん進行していきます。結果、細菌の出す毒素によって炎症が起きて歯茎がムズムズしてきます。
また、ストレスがかかることで免疫力の低下を招き身体の防御機能も低下してしまうので歯周病の症状が強く出ることもあります。

痒くなったときの対処法

原因である歯周病の進行を食い止めることが第一です。なってしまった歯周病を治療することは難しいです。一度溶けてしまった骨は元に戻ることはなく、骨の量を元に戻すには外科処置で骨移植をするか骨が増える材料を顎に移植するしか方法はないのです。
しかし、歯周病の進行を止めることはできます。歯医者さんで行なわれている歯周病治療の多くは進行を止めることで症状がこれ以上ひどくならないようにしています。進行を止めるためには口の中を清潔に保つことが必要です。
歯周病を発症している人の多くはブラッシングが不十分にできていません。まずは歯科医師から正しいブラッシングの方法を教わり、定期的に歯科医院へ通うことでメンテナンスをしてもらいましょう。

なぜストレスで歯茎に影響が出るのか

なぜストレスで歯茎に影響が出るのか
歯茎に影響が出る原因としてはストレスがかかることで免疫力が下がることが挙げられます。ストレスがかかり免疫力が下がることで、歯周病細菌の活動が活発化していきます。普段抑制されている細菌活動が活発になることで歯周病の進行にも拍車がかかり歯茎へ影響が出るのです。
また、ストレスがかかることで唾液の分泌にも影響が出てきます。唾液の中には歯周病細菌に効く抗菌因子が含まれています。唾液の分泌量がストレスで減ることによって抗菌因子の量も減るので歯周病は進行しやすくなっています。歯周病はすぐに治療できるものではないですが長い目で治療をし、歯のムズムズする痒みが起こらないようにしましょう。

業務拡大につき衛生士募集中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

インプラント・矯正治療でお悩みの方 無料カウンセリング 受付中

iGOシステム

Facebookページ

医療費控除

活動報告

歯科治療に、安心の分割払い! ※保険でもクレジットカードが使用できます

著書紹介

新宿西口歯科医院 院長
東京医科歯科大学
非常勤講師
松成 淳一

東京医科歯科大学
インプラント学講座
佐藤 大輔

購入はこちら

© Shinjuku-nishiguchi Dental Clinic All Rights Reserved.
PAGE
TOP